堯舜幼稚舎は「知・徳・体」のバランスある教育により、徳あるリーダー輩出を目指し1981年に設立され、現在、数多くの卒業生が実社会にて重要な役割を演じています。
21世紀は「情報化社会・グローバル化社会」と言われ、情報量は20世紀の数百倍、活躍の場も海外が当たり前となって来ています。この時代に求められる人材は、タフで、知的で、徳高い人格者、つまり尭舜が求め続けて来た人物像そのものであると考えております。
私達は「英語が出来ること」=「国際人」と考えているわけではありません。英語を学ぶことは海外の価値観や文化を学ぶことであり、民族や他国の文化・歴史の違いを知り、互いに尊重しつつ、自分の主張もしっかり言える人こそ国際人に相応しい人と考えます。
今般の堯舜インターナショナルスクールでは「知・徳・体」教育+「英語イマージョン教育」によって、『世界的な視野を持った真のリーダー=国際人』の育成を一層進めて参る所存です。

 

堯舜の由来
中国古代の皇帝「堯」と「舜」

堯と舜は、中国古代王朝の第一代、第二代目の伝説的な皇帝であります。この王朝は、五代にわたり続き、五人とも極めてすぐれた理想的な人物と伝わっています。

 「五帝本紀」の本文を一読すると、どの皇帝も欠点の全くない、すばらしい人間として登場しています。そのような”ひととなり”にもとづいて、あるいは天下の安泰のために戦い、あるいは民人の安定をはかり、万民の教化につとめ、その結果、「日月の照らすところ、雨風の至ところ、すべてかれらの徳に服した」ということです。

 堯舜幼稚舎は、堯や舜など素晴らしい国を創ってゆけるような、そのような優秀な人材、日本を背負って立つリーダーを数多く輩出するという理念に基づいて設立され、現在に至っています。

 

堯舜のロゴについて
名称:プラネット

私たち堯舜グループのロゴ「プラネット」は、世界で光り輝く子ども達と、その成長を促す、堯舜のシンボルマークです。

色とりどりに個性を輝かせる惑星は、一人一人の個性を光り輝かせる「子ども達」。子ども達の可能性を伸ばしていく教育の力を表す太陽は、「堯舜」を象徴しています。「世界的な視野を持った真のリーダー=国際人」を育成するという理念において、宇宙へも可能性を伸ばしていける、という子ども達の無限の可能性を感じて頂ければ幸いです。